ホーム >コラム

コラム一覧

コラム一覧


いくらかかる? バリアフリーリフォームの費用相場

>いくらかかる? バリアフリーリフォームの費用相場

ご家族が高齢になり自宅のバリアフリーリフォームを考えているものの、費用が分からず不安な方も多いかと思います。

そこで今回はバリアフリーリフォームにおける、費用相場や費用を軽減するための措置についてご紹介していきます。



意外と節税できる!? 固定資産税の優遇処置

>意外と節税できる!? 固定資産税の優遇処置

マイホームから事業用まで不動産を所有していると毎年頭悩まされる固定資産税ですが、固定資産税は法律で定額と決まっていると思い込んでいませんか。

実は固定資産税にもいくつか優遇処置があり、支払う税額を軽減できることがあります。



充実した老後を過ごす! 高齢者におすすめのボランティア活動

>充実した老後を過ごす! 高齢者におすすめのボランティア活動

定年退職をした老後の生活は、何にも縛られない生活が毎日続いてしまうため、物足りなさを感じている方も少なくありません。

そんな中で高齢者の中には、充実した老後を過ごすためにボランティア活動を始める方もいます。



今のうちから夫婦間のコミュニケーションを

>子どもの結婚式、親から資金援助はするべき?

夫婦で一緒に暮らす時間が長くなっても、考え方が違って夫婦仲が悪くなってしまうのは寂しいですよね。

そうならないためにも夫婦間のコミュニケーションと意識の共有をしていくことが大切です。



子どもの結婚式、親から資金援助はするべき?

>子どもの結婚式、親から資金援助はするべき?

40~50代になって、お子様も大きくなると、お子様の結婚について考えることも増えてくるかもしれません。
そうなると結婚式に向けて、親の立場からある程度の資金の援助が必要なのでは……と考える方もいらっしゃることでしょう。



生活費を節約! 公共料金をクレジットカードで支払おう

>生活費を節約! 公共料金をクレジットカードで支払おう

不動産投資の初期資金を貯めるためには、日々の出費を抑えることも大切です。
その中で検討していきたいものが「クレジットカードの活用」です。
同じ公共料金の支払いでも、クレジットカードで支払うことで毎月支払う生活費の節約につながります。



ロングステイ先人気No.1 マレーシアの魅力とは?

>ロングステイ先人気No.1 マレーシアの魅力とは?

2006年~2015年度のロングステイ財団の調べによると、マレーシアは10年連続で「ロングステイ希望滞在国」として世界1位に選ばれています。
近年ロングステイを楽しむ方は増加し続けていますが、その中で10年連続で高い評価を集めているマレーシアの魅力は何でしょうか?



寝たきりになるリスクも! 「ロコモティブ症候群」とは

寝たきりになるリスクも! 「ロコモティブ症候群」とは

老後の不安の代表的なものの1つとして「健康」がありますよね。
最近は「メタボ」ではなく「ロコモ」(ロコモティブ症候群)というものが注目されるようになっています。



どちらが効率が良い? 新築物件と中古物件の利回りを比較する

どちらが効率が良い? 新築物件と中古物件の利回りを比較する

不動産投資をする際に、新築の物件を購入するか、中古の物件にするか迷う方もいらっしゃるかと思います。
今回は新築物件と中古物件の利回りを比較していき、どちらの物件が効率よく収入を得ることができるのかご紹介します。

不動産投資のための条件づけにこそ注目するべし

不動産投資のための条件づけにこそ注目するべし

不動産投資をする際も家を選ぶときと同様に、物件を選ぶ基準を設定しておくことが大切になります。
基準は「広さ」と「深さ」がキーワードです。
今回はそれについて触れるとともに、不動産投資で重視すべき「条件」について説明します。

不動産投資の初期資金が不足している時に見直す3つのポイント

不動産投資の初期資金が不足している時に見直す3つのポイント

不動産投資は始めたくても資金がないから、手が出せない…と思っている方も多いのではないでしょうか。
投資をして老後の資金を獲得するためには、今の内からある程度の資金を確保する必要があります。
今回は資金不足の場合の対処法をご紹介します。

不動産の自己投資のために老後に必要な金額を考えよう

不動産の自己投資のために老後に必要な金額を考えよう

不動産投資を始める際の頭金の額については個人差があります。
老後、夫婦2人で過ごしていくのかそうではないのかによっても変わります。

また公的年金の受給額によっても変わるでしょう。

好立地な中古マンションは不動産投資に最適って本当?

好立地な中古マンションは不動産投資に最適って本当?

資産投資でマンションの経営に乗り出すならば、新築と中古物件のどちらにするべきか迷う人もいると思います。
それぞれにメリットとデメリットはありますが、立地の良い中古マンションは利回りが大きく、不動産投資初心者の方にもおすすめです。

資産運用なら株式投資と不動産投資、どちらがいいのか

資産運用なら株式投資と不動産投資、どちらがいいのか

老後資金を確保するうえで、年金収入や貯蓄だけではどうしても不安を感じてしまいます。
このため、資産運用を検討することは老後資金を確保するうえで、とても重要です。



本当に儲かる? 正しいマンション経営をしていくために必要な考え方

本当に儲かる? 正しいマンション経営をしていくために必要な考え方

日本の今後の景気の見通しが悪い中で、不動産投資のような資産投資の注目度が高まっています。
不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」言われており、株式投資よりも着実に資産を構築することができます。



老後にゆとりを持つための不動産投資、理想の所有物件数とは

老後にゆとりを持つための不動産投資、理想の所有物件数とは

年金受給の引き上げなど、老後の暮らしには不安がつきものですが、将来の収入源の確保のため、不動産投資を検討する方も少なくありません。
それでは、どれだけの物件を所有していれば、ゆとりのある生活ができるのでしょうか?

「生き金」と「死に金」とは、何が違うのか?

「生き金」と「死に金」とは、何が違うのか?

資産運用をする上での考え方として、「生き金」と「死に金」の2つがあります。
この生き金、死に金とは一体何なのでしょうか。
それぞれの意味と、向き合い方についてご紹介していきます。

【年代別】40代以降で発生する生涯の出費はいくら?

【年代別】40代以降で発生する生涯の出費はいくら?

40代以降になると、子育て、住宅ローン、更には親の介護費用などまで今まで考えられなかった出費がどんどんと増えてきます。
さて、40代以降にはどんな出費が待ち受けているか。

年代別にご紹介していきます。

定年後は海外にロングステイ! アジアでおすすめの長期滞在先5つ

定年後は海外にロングステイ! アジアでおすすめの長期滞在先5つ

現役時代はなかなかまとまった時間を取ることができず、海外旅行も慌ただしいものになりがちです。
ですが、定年を迎えれば時間に制限はありません。
現在50代や60代に、海外での長期滞在が人気です。

失敗しない不動産投資のポイント! 投資物件の探し方とは

失敗しない不動産投資のポイント! 投資物件の探し方とは

不動産投資の魅力は、毎月一定額の収入を見込める点です。
株式投資の配当は半年、あるいは1年に一度であるのに対し、入居者がいる間は安定して収入が入ってくるのが不動産投資です。
年金に代わる投資とも言われる所以だと言えるでしょう。

使い勝手抜群! 大学ノートを家計簿にする方法

使い勝手抜群! 大学ノートを家計簿にする方法

世の中には、家計簿専用のノートや無料で使えるアプリもたくさんあります。
ですが、家計簿の基本はレシートのチェックなので、ひな形がない大学ノートのほうが自由度が高く、家計簿として使用するのにおすすめなアイテムです。

定年前に辞める? 早期退職のメリット、デメリット

定年前に辞める? 早期退職のメリット、デメリット

定年まで勤めるのもひとつの働き方ですが、最近関心が高まっているのは定年を待たずに会社をやめて第二の人生をスタートする「早期退職」です。
今回は、早期退職のメリットとデメリットについてまとめました。

固定資産税が安くなる! 「長期優良住宅」の基礎知識

固定資産税が安くなる! 「長期優良住宅」の基礎知識

「長期優良住宅」とは2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づくもので、住宅を長く仕様することによる環境負荷の低減を目的に良質な住宅に固定資産税の減免を認める制度です。

定年後は海外にロングステイ! ゴルフ好きにおすすめの滞在先5つ

定年後は海外にロングステイ! ゴルフ好きにおすすめの滞在先5つ

長年働いてきたあとは、楽しいリタイヤ生活を送りましょう!
仕事に子育てにと、若い時代はなかなか行くことができなかった海外への長期滞在。
定年退職後は時間を気にする必要がなくなったため、海外にロングステイする50代、60代が増えています。

私いつまで働ける? 働く独身女性が「将来への不安」を解消するコツ

私いつまで働ける? 働く独身女性が「将来への不安」を解消するコツ

バリバリのキャリアウーマンとはいかなくても、仕事はそれなりに好きでがんばってきて、気づけば独身のまま30代になっていた――そんな女性は多いかと思います。
30代になるとじわじわと感じ始めるのが「将来への不安」です。

金利がポイント? 繰り上げ返済のメリットとデメリット

金利がポイント? 繰り上げ返済のメリットとデメリット

住宅ローンの早期返済に繋がる「繰り上げ返済」。一見は資金に余裕が出来たらどんどん活用していきたい制度に思えますが、実はデメリットも存在します。

そこで、この繰り上げ返済のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

意外と簡単!? 貯金を成功に導くための3つの考え方

意外と簡単!? 貯金を成功に導くための3つの考え方

それほど高収入でもないのに、若いうちから1000万円2000万円という多額の貯金を蓄えている方は世の中にたくさんいます。
しかも、その中にはシビアな節約生活をしているわけではなく、ちょっとした考え方の転換で貯金に成功している方も少なくありません。

リタイア後は海外で! ロングステイに必要な準備は

リタイア後は海外で! ロングステイに必要な準備

リタイア後の過ごし方として、海外に長期滞在する「ロングステイ」を選ぶ人が増えています。
子育てが終わり老後を迎えた団塊世代のライフスタイルとして、日本でも徐々に普及し始めているのです。

なぜ老後破綻する? 老後に待っている出費トップ3とは

なぜ老後破綻する? 老後に待っている出費トップ3とは

地道に貯金を溜めていた方や浪費の少ない方でも、老後に資金が無くなり生活困難に陥る「老後破綻」に追い込まれるケースは少なくありません。
なぜ老後破綻になってしまうのでしょうか?
その原因とも言える老後に待っている出費トップ3をご紹介していきます。

儲けるためには! 不動産投資の利回りの計算法と考え方

儲けるためには! 不動産投資の利回りの計算法と考え方

不動産投資において、特に重要になってくるのが「利回り」です。
利回りを考えずに投資を行ってしまうと、上手く収益に繋がらず時には損を負ってしまうこともあります。

そこで、不動産投資の利回りの計算方法と考え方を以降でご紹介していきます。

【事例まとめ】早期退職した人のセカンドライフとは

【事例まとめ】早期退職した人のセカンドライフとは

最近では日本の高齢化に伴って、60歳を超えても企業側が積極的に雇用する風潮があります。
ですが一方で、定年を迎える前に自ら退職を決断する「早期退職者」の数が増加しています。

子ども一人につき2000万! 知っておきたい子どもの教育費

子ども一人につき2000万! 知っておきたい子どもの教育費

子育て中の夫婦、あるいはこれから子供を持つことを考えている人たちにとって、子どもの教育費は最も関心があるものの1つではないでしょうか?
子どもを育てるにはお金がかかると言われていますが、具体的にはどれくらいの金額が必要になるのでしょう?

子供への資産の残し方から考える老後の生活のポイント

子供への資産の残し方から考える老後の生活のポイント

平成27年度に相続税が改正されたこともあり、多くの人が相続について考える必要性が出てきました。

老後の生活を安定させつつ、子供や孫に資産を残すためには計画的な運用が必要です。
ただ貯金を増やすだけでは厳しい時代になっていると言えるでしょう。

独身男性が貯金を失敗する理由と成功のポイント

独身男性が貯金を失敗する理由と成功のポイント

男性は結婚して相手に養ってもらうというわけにはなかなかいきません。
将来に向けて貯金する必要性が高いのです。

しかし、年収を超える貯金のある男性がいる一方で30代で貯金額がゼロの男性もいます。

老後も自分のペースで働きたい! 老後にオススメの仕事

老後も自分のペースで働きたい! 老後にオススメの仕事

老後の資金に不安を抱える人が増えていますが、だからこそ定年退職後も積極的に働こうという人も増えています。

また、老後の生活を充実させるために仕事をしたいという人もいます。

老後の楽しみ! 夫婦で仲良く取り組める趣味4つ

老後の楽しみ! 夫婦で仲良く取り組める趣味4つ?

働くことが生きがいであったような方の中には、定年退職後に時間の過ごし方に困ってしまうという方も少なくありません。
老後に自分の価値を見いだせず、うつになってしまうケースや痴呆症が進んでしまうケースもあります。

将来のために! 知っておきたい「個人年金保険」の種類

将来のために! 知っておきたい「個人年金保険」の種類

老後を考える時にどうしても避けて通れないのが用意すべき資金問題です。

いくら貯金しておけばよいのか、年金はいくらもらえるのか、どんな支出があって、どういう生活水準になるのかは気になるところです。

おひとりさまの老後、どんなリスクがある?

おひとりさまの老後、どんなリスクがある?

最近は結婚せずに一人暮らしを謳歌する人が急増しています。

仕事熱心、趣味に熱心、あるいは恋愛に熱心な人などなど選択肢が増えているので、あえて結婚という選択をしない人も多いでしょう。

今から把握しておこう! 老後の資金の計算方法

今から把握しておこう! 老後の資金の計算方法

老後の資金に関する情報は、非常に多く出回っています。

しかし、その多くが平均所得や退職金の平均額、はたまた年金の平均支給額などがベースで実のところあまり参考にならないものが多いように感じます。